県民の皆様に安らぎの日々とすこやかな健康を-ー 人間ドックによる定期的なメディカルチェック ー

事業案内

  • 臨床検査部門
  • 検査室紹介
  • 精度保証体制
  • 総合健診部門
  • 健診コース紹介
  • 特定健診機関情報
  • 評価・認定
  • 福祉事業部門
  • ヒヤリングセンター
  • 補聴器適合センター

健康センターご利用案内

  • 一般の方
  • 医療従事者の方
  • 禁煙外来のご案内

ISO 15189認定取得

健診施設認定取得のご紹介

健康センターからのお知らせ

細菌統集計のデータを公開しております。

最新の情報はこちら

お問い合わせ先

宮城県医師会健康センター

〒983-0832
宮城県仙台市宮城野区
安養寺三丁目7番5号
TEL:022-256-8600(代表)
FAX:022-256-8610
TEL:022-256-8605(検査関係)
TEL:022-256-8601(健診関係)


宮城県医師会ヒアリングセンター

〒980-8633
宮城県仙台市青葉区
大手町1番5号
TEL:022-227-4411(ヒヤリング・補聴器関係)


宮城県医師会健康センター病理細胞診検査室

〒980-8633
宮城県仙台市青葉区
大手町1番5号
TEL:022-221-8720(病理・細胞診関係)

臨床検査事業

ISO 15189 認定更新いたしました

International  Organizasion  For Standaraization

宮城県医師会健康センターは、平成26年3月26日、公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)よりISO15189の認定について更新認定を受けました。

臨床検査室-品質と能力に関する特定要求事項

宮城県医師会健康センターは、平成22年3月18日に臨床検査室の国際規格であるISO 15189の認定を東北で初めて取得いたしました。(医師会立センター初)

ISO 15189の認定を取得したということは、検体をお預かりするところから、検査が正しく行われ、報告書をお届けするための仕組み(マネジメントシステム)と、正しい検査結果を出す技術・能力が国際的な基準を満たしていることを意味します。

健康センターは、患者様の診療における信頼できる検査データの提供を目指し今後とも努力いたします。

  

健康センターが発行する認定範囲内の検査報告書にはこのマークがついています。

→ISO 15189認定範囲はこちら


精度保証体制

精度保証体制

迅速で高品質な臨床検査結果提供を第一に考え、検体受領から報告書配布までのすべての作業を“検査業務”とし、以下の管理体制を実践しております。

精度管理

内部精度管理を毎日行うほか、各種団体が実施する外部精度管理に参加し、検査精度に対する第3者評価を継続して受けています。

【参加している外部精度管理】

・ 日本医師会臨床検査精度管理調査
・ 日本臨床検査技師会精度管理調査
・ 宮城県臨床検査技師会精度管理調査
・ 日本総合健診医学会
・ 日本適合性認定協会

【行っている主な内部精度管理】

・ 生化学―低濃度、高濃度の2種類以上の管理試料を用い、100検体毎に測定
・ 血液・血清―低濃度、高濃度または陽性、陰性の2種類の管理試料を毎日測定
・ 細菌―標準菌株を用いての、各作業工程の確認を毎日実施

【検査室間比較プログラムに参加し行っている精度管理】

・ 積水メディカル コアプレスタコントロールサーベイ
・ ニットーボーメディカル免疫項目精度管理調査
・ オリンパス AESサーベイ
・ e QAP
・ エームス尿検査成績管理プログラム
・ 東ソーヘモグロビンA1cコントロールサーベイ
・ ルミパルスコントロールサーベイ
・ メディエースTPLA/RPRコントロールサーベイ
・ ブラインドテスト

技術管理

検査員の教育訓練と力量に関する目標を設定し、検査技術の向上を図ります。実施している検査項目すべての標準作業書手順書(SOP)、各種手順書を作成し、検査業務係わるすべての作業・工程の管理を行っています。

物品管理

測定データを保証するために、各検査に使用する試薬や消耗品のロット管理や有効期限管理を行っています。

業務管理

インシデント・アクシデントの発生、また苦情を受付けた場合など、迅速に対応し、原因を分析後、再発防止に努めるように管理しております。